教えます!事故物件を見極めるポイント

現在は、悪質な事故物件隠しはめったになくなりました。ですが、どんな死亡原因で亡くなった方なら、何年は説明しなければいけない、何代目まで説明しなければいけないという明確な決まりはないので、ばれなければそれでいいと考える不動産屋さんや大家さんも中には存在するのです。また、説明義務のない物件であるにも関わらず、借りる本人にして見れば事故物件としか思えないような物件も存在します。この場合も教えてはもらえません。

ですが、そうした物件は家賃が安くなっている場合も多いので、周辺の家賃相場を調査しておいて、安いと感じたらその理由を不動産業者に確認しましょう。それが納得のいく理由であれば、特に問題はありません。

ですが悪質業者に当たってしまったら? 怖がりな人なら、そんな心配もあるかもしれませんね。

かつて事故物件だったり、隣の部屋が事故物件であったりしても実害はないのですから、知らなければ穏やかに過ごす事もできるとも言えますが、確かに、中には事故物件をどうしても避けたい人もいるでしょう。

そんな人向けに、怪しい物件の見分け方を見ていくことにしましょう。

教えます!事故物件を見極めるポイント

物件の下見…スタッフの言葉遣いに注目

物件の下見…スタッフの言葉遣いに注目、やたらとおススメ。

物件の下見…部屋に入ったらココを見ろ!

物件の下見…部屋に入ったらココを見ろ! 変なリフォーム。

物件の下見…大家さんに質問です

物件の下見…大家さんに質問です。前に住んでいた人は?

教えます! 住みたくない事故物件を見極めるポイント。

Copyright(C) 2011 - ブラック物件いろいろ - All Rights Reserved.