ブラック物件いろいろ

最近、不動産業界でも、ブラックという言葉が使われるようになりました。いわゆる訳あり物件をブラック物件と呼ぶのですが、こうしたブラック物件は、事故物件と呼ばれるもので、宅建業法では瑕疵物件と呼ばれるものです。

瑕疵(かし、と読みます)とは、傷や欠陥という意味があります。建物に対して使う場合は、正常ではない状態の建物という事になります。こうした瑕疵は、ひと目見ただけでは分からないものも多く、宅建業法ではこうした隠れた瑕疵についても、きちんと説明しなければならない義務があります。

言葉の意味からも簡単に想像できるように、欠陥住宅などももちろん瑕疵物件です。地震に耐えられないような家ももちろん瑕疵物件ですね。ですが、ブラック物件と呼ばれるものは、建物欠陥だけを示す言葉ではないのです。周辺環境や近隣住民などの問題で存在する、ブラックな家があるのです。

それでは具体的にどんな訳があって、「ブラック物件」となってしまうのでしょう。そんな数々の事情を見ていきましょう。

ブラック物件いろいろ

激安の裏事情

激安の裏事情、不動産屋が教えてくれない家賃が安い理由は?

教えます!事故物件を見極めるポイント

教えます! 住みたくない事故物件を見極めるポイント。

知ってました?ヤバイ世界の住人伝説

知ってました? ほんとにあったらヤバイ世界の住人伝説。

生死にかかわる部屋事情

幽霊よりも恐ろしい、実は生死にかかわる部屋事情。

霊感がなくても、ほんとは怖いブラック物件いろいろ。

Copyright(C) 2011 - ブラック物件いろいろ - All Rights Reserved.